狭心症インフォメーション

狭心症について分からないことがある方は、当サイトの記事をご参照ください。

心臓

血圧の下が高い状況になる狭心症と効果的な薬物治療

狭心症は発作性の痛みを伴う心臓の病気の一つであり、痛みの程度も軽度なものから重度なものまで様々なものがあります。運動等の負荷によって生じる労作性狭心症と、安静にしていても生じる安静時狭心症とがあることが知られており、いずれも自覚される症状の上では類似しているものの、患者によって発症するきっかけが違う傾向があります。
狭心症は虚血性心疾患の一つであり、冠動脈が狭窄することによって心筋に十分に血流が届かなくなってしまった際に生じるものです。その狭窄が一時的であるというのが狭心症であり、これが不可逆的に進行した場合には心筋梗塞となってさらに重大な事態に陥ることになります。狭心症発作が起こっているさいの特徴として血圧の下が高い状態になることが多いことが知られています。心筋が虚血常態になった際に一般に下が高い状況が生じることが多く、狭心症において心筋の虚血が起こっていることの根拠の一つとして考えられています。
その治療においてはリスクファクターとなる生活習慣をできるだけ修正するとともに、薬物投与が行われます。ニトリグリセリンは発作時に効果が高いため、誰もが携えているものとなっています。また、血圧の下が高いという状態が生まれるのを避けるために降圧剤が用いられることも多く、カルシウム拮抗薬やβ遮断薬が効果を発揮しています。β遮断薬は心臓の活動度を低下させる効果もあることから心臓を休ませることができると考えられています。一方、心筋梗塞が生じてしまうリスクを下げるために抗血小板薬によって血小板凝集による血栓の形成を防ぐのも一般的に行われる治療です。状況によっては手術による治療も行われて根本的な治療が目指されます。