狭心症インフォメーション

狭心症について分からないことがある方は、当サイトの記事をご参照ください。

心臓

心臓の働きと血流の関係

心臓の働きについてごく簡単に説明しますと、心臓は体中の血管に血液を送るポンプのような働きをしています。
普段はあまり気にかけることが少ないかもしれませんが、心臓が血液を体中に送り続けてくれるおかげで、私たちは生きていることができるのです。
心臓は右心房・右心室・左心房・左心室の4つの部屋に分かれています。
全身の細胞に酸素や栄養を与えて心臓に戻ってきた血液は、最初に右心房から右心室へと流れます。
その後、肺へ流れて酸素を取り入れた血液は左心房から左心室に流れて全身へと流れていきます。
この動きを休むことなく1分間に60~80回繰り返します。
1日では10万回以上になります。
心臓の働きと血流の関係はとても密接なので心臓が血液を送る働きが低下すると、意識や気力の低下・立ちくらみ・めまい・動悸・息切れ・むくみ・筋肉疲労・筋肉痛・倦怠感といったことが起こります。
心臓の働きを良くするには、深酒しないようにする・タバコを吸わない・寝不足や寝過ぎにならないようにする・適度な運動をするといったことがあげられます。
そして深呼吸をすることです。
深呼吸をすることによって、心臓の働きを助けることになります。
日常生活に気を付けながら、心臓を意識して過ごすことが大切です。