狭心症などの心臓に関する病気について

現在、世界の死因の大部分を占めているのが、狭心症、心筋梗塞や脳卒中などに代表される心血管病であります。
その発症には、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満などが関与しており、これらが合併するとその発症は数倍にもなるといわれています。
これらの治療に対しては、古くから世界中の多くの科学者たちによってあらゆる努力が重ねられてきたが、バイエルでも医薬品事業の発足当初からこれらの研究に力が注がれています。
そして誕生したのが、高血圧・狭心症治療薬アダラートである。
今や、バイエルの医薬品の中核をなすアダラートであるが、その道のりは、日本人の功績なくしては語れないです。

1966年、ドイツ・バイエル社は、数々の研究の結果、強力な冠血管拡張作用を有する物質ニフェジピンを合成、その薬理作用や優れた臨床効果は日本の科学者を中心に次々と証明され、1975年にドイツで、その翌年には日本で、狭心症治療薬「アダラート」(カプセル)が発売されます。
またその頃、日本の科学者は高血圧症の治療薬としても類を見ない効果があることを報告し、循環器疾患の治療において革命的な変革をもたらします。
科学者達はアダラートが治療への新たな道を切り開いたと賞賛し、1980年に名誉あるガレヌス賞、メディク賞を相次いで受賞することとになります。

その後、循環器治療におけるアダラートの需要が高まるにつれ、患者の負担を軽減する剤形が求められるようになり、1985年、高血圧症の適応の追加と同時に「アダラート」は1日3回投与のカプセル剤から、1日2回投与の「アダラートL錠」へと進化、さらに1998年には、日本の製剤研究者によって生みだされた1日1回投与の「アダラートCR錠」が誕生します。
心臓に関する病気の救世主として現在も活躍し続けています。

~参考サイト~
ノルバスク:成分アムロジピン 副作用
~おすすめ通販サイト~
ミカルディスは高血圧症の方に多く利用されている個人輸入できる医薬品です。